digilog.blog

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性が男性にあげるべきたった一つのもの

2009/03/26(木)

女性が男性に興味を持って欲しい時、どんな行動を取れば良いと思いますか?実は男性が女性に惹かれるには、ある法則があります。今回はその中の一つをご紹介しましょう。

もしあなたに気になる男性がいる場合、「あるもの」をあげて下さい。そして、親密な関係になっても、与え続けて下さい。それは誰もが持っているもので、生まれた時から持っているものです。形こそありませんが、誰もが人に与えることができるものです。

何だと思いますか?

女性が男性にあげられるもので、とても価値のあるもの。
それは「初めて」です。

人が生きていくことは「生まれて初めて」の連続です。それが経験となり、その人の人格を形成していきます。

あなたが気になっている相手が一向に自分に振り向いてくれない場合、あなたと相手の関係はイーブンです。自分から積極的になれる人は良いと思いますが、なかなか自分から行動に移せない人は、まず相手に興味を持ってもらわなければなりません。

男性側から行動に移してもらうためには、男性に「支配」されることが必要です。イーブンな関係の場合、相手の男性から見て、あなたの支配率は0%です。0%のままでは、いつまで経っても距離を縮めることは出来ません。

そこであなたにして欲しいことは、気になる相手に「初めて」をあげることなのです。

難しく考える必要はありません。食事をおごってもらったら「こんな所においしいお店があったなんて初めて知った!」「今まで食べたケーキの中で一番おいしいかも!」と言ってあげましょう。

どんな小さなことでも良いのです。あなたの初めてを受け取ることで、男性はお金や苦労以上の喜びを得ることができるからです。「今年一番笑えたね!」「貸してもらった本凄く良かったよ!」「おすすめの映画見たよ。あんなに感動して泣いたの初めて…」などなど。

あなたに初めての体験をさせてあげたのは自分だという自覚と共に、男性の中であなたに対する「支配率」が上がっていきます。こうなれば、男性はあなたに興味を持ち、もっと自分のものにしたいという願望から、積極的な行動に出るでしょう。

「支配」といっても、決して悪い意味ではありません。100%支配されない限り、あなたはあなたであって、自分の好きなように考え、行動すれば良いのです。男性も、意識して支配したいと考えているわけではなく、潜在意識の中で起こる動物的な本能のようなものです。男性に「支配させてあげる」くらい心の余裕がある方が魅力的な女性なのかも知れません。

但し、自分が好きな人以外に、「初めて」をあげたことを相手に知られてはいけません。もし良い関係の男性がいる時に、他の男友達と遊びに行って、「初めて○○ってお店に行ったけど、結構美味しかったよ!」などと言ってしまえば、相手の男性は、あなたの「ある部分」を違う男性に支配されたという感覚になります。一度支配された場所は二度と取り戻す事ができません。「初めて」は二度起こらないからです。自分以外の人物に支配される部分が多くなってくると、やがて男性の気持ちは冷めて、あなたから手を引くことになるでしょう。

単なる男友達と会う場合には、なるべく行った事のある場所を選びましょう。その時あった出来事を相手に伝える場合には、「特別な事は何も無かった」ということを伝えましょう。他の友達と遊びに行くことを嫌がったり、束縛する男性は、自分以外の何者かがあなたを支配することを嫌っているのです。普段から定期的にあなたの「初めて」をあげていれば、男性の支配欲求は満たされます。

夜景の綺麗な場所に連れて行ってもらった時、二人で旅行に行った時、記念日にサプライズな演出をしてくれた時、あなたの「初めて」をどんどんあげましょう。自分のために何かをしてくれた事に感謝し、その喜びを伝えることで、男性はあなたを守ってくれます。

「あなたは私に『生まれて初めて』の体験を沢山与えてくれた。あなたと一緒にいると、次はどんな『初めて』が体験できるのだろうと、無限の可能性を感じる。」

この想いが伝わると男性は頑張ります。依存するのではありません。期待と信頼を寄せるのです。

逆に、男性がしてくれたことに対して「つまらない」「飽きた」「あなたには期待していない」といったことを伝えてしまうと、男性は、「これ以上支配できる余地がないな」と感じてしまいます。そうなると右肩上がりだった熱は冷め、やがて温度が下がっていくことでしょう。

そうならないためにも、女性は「初めて」を切らさないようにしましょう。「世の中には自分が経験したことの無い、素晴らしい物事がまだまだ沢山ある!」と未来に希望を持った女性になりましょう。

「支配」という言葉では誤解が生じるかもしれませんが、イメージとしては、自分のパートナーに自分の「株」をあげるという感じです。結婚した夫婦であれば、お互いの株を50%ずつ持ち合い、持株比率を保ったまま時価総額を上げていくような状態です。

日々繰り返す日常の中で、相手に「天井」を見せないようにする気遣いが大事です。そうすれば何年、何十年一緒に居ようとも、株価は下がることなく、相手に依存することもなく、バランスの取れた良い関係を築くことができます。

そのためには、日常の僅かな変化を楽しみ、素直に生きることが大事です。そして、自分に「初めて」を体験させてくれた事を素直に喜び、「この初めてはあなたのものだよ」と、あげてしまうことが上手く行く秘訣です。

あなたがいくつだろうと、無限の「初めて」を持っているのだから。
■コメント
コメント投稿
URL:
コメント:
PASS:
秘密: 管理人のみに公開
 

プロフィール

管理人:LOSTMAN
東京でWebディレクターをやっています。独学で楽しみながら興味のあることを投稿していきます。

タグキーワード

関連サイト

HTML講座
CSS講座
SEO講座
無料素材・画像
HOME
[ FC2 ID ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。