digilog.blog

京都の伏見稲荷大社は想像以上に険しい

2008/04/12(土)
日本の絶景
京都旅行には何度か行った事があって、毎年秋頃になると京都の空気感が恋しくなるんだけれど、GIGAZINE伏見稲荷大社が取り上げられていて、2年前に行った千本鳥居の事を思い出してしまった。

京都で一番行きたかったのに、訳あってやっと行けたのが4回目の旅行だったので非常に思い出深い。中学の修学旅行は京都・奈良だったんだけど、金閣寺や清水寺は行ったものの、ここ伏見稲荷大社には行かなかった。

有名ではあるけれど、何故か京都旅行の定番中の定番からは外れているような気がするのは自分だけでしょうか?
とにかくまだ行った事がないという人は、生きているうちに絶対行っておいた方が良い!と思う。もし外国人に京都でお薦めの場所は?と聞かれたら間違いなくここを薦める。
三十三間堂や東福寺もいいが、やっぱり「千本鳥居」の圧倒的な存在感と神聖な雰囲気は一度味わうと忘れられないものがある。

ただ、この伏見稲荷大社はある意味「観光」としてお薦め出来るのは途中まで。全てを見ようとすると、とんでもなく大変な思いをするかも知れない。実際自分は朝一で行って稲荷山に上ったんですが、二時間歩きっぱなしで相当疲れて、その後の観光に少しばかり支障をきたしたので、お薦めのルートを紹介する事にします。

伏見稲荷大社 地図
まず、駅に着いたら「表参道」から入って真っ直ぐ「本殿」に向かいましょう。ここで重要文化財の美しさにしばし見惚れて、次に向かうのは「千本鳥居」です。左右に分かれていますが、最終的には同じ場所に出るので、好きな方を選びます。「千本鳥居」を抜けるとその先に「奥社奉拝所」があります。

奉拝所の右側後に、一対の石灯篭があるんですが、この灯篭の前で願い事を頭に思い浮かべてから、石灯篭の丸い石(頭)を持ち上げてみましょう。「お、軽いじゃん」と感じれば願いが叶うとか。「意外と重いな…」と感じた人は…願かけ絵馬に願いを込めて括って行きましょう。

一応ここまでで伏見稲荷大社は楽しめると思います。紅葉の時期なんかは、「熊鷹社」まで行って山を眺めるのもアリです。

ここで「三ツ辻」の先へと上って行く場合は、そう簡単に途中では引き返せくなってしまうので覚悟しましょう!まさかあんなに大変だとは思ってなかった。体力に自信のある人はこちらで地図全体が見れます。

ちなみに東京にも「伏見稲荷神社」あるんですよ。西東京の東伏見なんですが、西武新宿線から見える大きな鳥居が目印です。自分は行った事無いんですが、Aibo diary-Spica ERS7日記様が書かれていました。

今年も行こうかな京都。当時撮ったムービーをYouTubeにUPしていたので良かったらどうぞ!

■コメント
コメント投稿
URL:
コメント:
PASS:
秘密: 管理人のみに公開
 

プロフィール

管理人:LOSTMAN
東京でWebディレクターをやっています。独学で楽しみながら興味のあることを投稿していきます。

タグキーワード

関連サイト

HTML講座
CSS講座
SEO講座
無料素材・画像
HOME
[ FC2 ID ]