digilog.blog

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽いって素晴らしい

2008/01/23(水)
軽いサイトは高感度が高い
ウェブサイトを作る側になっても、軽いサイトはやっぱりいいなと思ってしまいます。当然、見た目が簡素な一昔前のサイトの事ではなく、古さを感じさせずに、なおかつ軽い事。

これが一番難しいのです。

WEBサイト最大の【ユーザビリティ】の一つは、ページのファイルサイズが『軽い事』ではないのでしょうか。目的の情報に素早くアクセス出来る。その待ち時間を最小限にすることでストレスを感じさせないウェブブラウジングを提供してくれるサイトには、好感が持てます。
そのサイトに有益な情報がある場合、『軽い』というだけで、また訪問したくなる理由になるのではないかと考えます。逆に重たいサイトは表示されるまでに待ちきれなくて戻ってしまう確立が増す上に、何故か残る印象が悪くなります。

それを良く分かった上でも、実際に自分が作る側に回ると、どうした事か画像を沢山使って見栄えを良くしたくなってきてしまうのです。

利用者目線からすると、せめてトップページだけでも軽くて直ぐに表示されるようにして欲しいと思うはずです。

自分には、あまりにも重たいサイトに耐え切れずにエスケープする時には、ツールバーのブックマークにある【Google】のアイコンをポチっと押してしまうクセがあります。だから、自然とYahoo!よりもGoogleを使う頻度の方が高くなってしまう。

しかし、検索窓一つでGoogleがこれ程の巨大企業に成長するとは誰も予想しなかったでしょう。そして成長した今も、Googleのトップページには検索窓一つです。

それでも世界に繋がることが出来る究極のウェブサイトだと思います。iGoogleもいいけど、重たくなるので、しばらくはHOMEのままにしておこうかな。と思います。

ウェブ制作では、常に「もっと軽く出来ないか」を頭の隅に入れておくよう、心がけたいものです。
■コメント
コメント投稿
URL:
コメント:
PASS:
秘密: 管理人のみに公開
 

プロフィール

管理人:LOSTMAN
東京でWebディレクターをやっています。独学で楽しみながら興味のあることを投稿していきます。

タグキーワード

関連サイト

HTML講座
CSS講座
SEO講座
無料素材・画像
HOME
[ FC2 ID ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。