digilog.blog

※必須!フリーメールのススメ

2008/01/28(月)
Webメールのススメ
Webメールやフリーメールと言われる物が良く分からないという人をいまだに多く見かけます。
何がいいかとか何処がいいかとか説明する前に一言言いたい。

インターネットを利用しているのにフリーメールの一つも持ってない人!

必ず作って下さい!必須です!!
フリーメールが絶対に必要な理由

先日、友達にパソコンで使っているメインのアドレスを教えてくれと聞いたところ、返ってきた返事は「○○○@プロバイダのドメイン」でした。

フリーメールとか持ってないの?と聞くと、「面倒くさいし、良く分からん」との事で持ってないという。
彼は『mixy』やら『ブログ』やら『ヤフオク』やらを利用する普通の20代の男性です。
今まで親や友達に散々フリーメールの必要性を語り、半ば無理やり作らせた事もあります。当然今回も「フリーメールを作れ!」と説得しました。

何故そこまでするのか?


■メールは使うたびに汚れていく
インターネット上でメールを使うという行為は、例えて言うなら、新しい洋服を着て外出する行為に似ています。初めてインターネットに繋ぎ、嬉しくなって皆にメールアドレスを教えますよね。そこから既に始まっているんですよ。

インターネットの世界には、『迷惑メール』や『ウィルス』、『スパイウェア』などの汚れが散乱しています。いつあなたのメールアドレスが狙われるか分かりません。


一度ついてしまった汚れは、洗わなければ落ちません。
落ちない汚れがついたら、新しい服を着なければなりません。

メールアドレスも『部屋着』、『お出掛け用』、『仕事用』と使い分ける事で、汚れを最小限に食い止める事が出来るのです。

全ての場面で同じ服を着続けていたらどうなりますか?
真っ黒になり、ボロボロになり、使い物にならなくなってしまいますよね。


■情報を漏らすのは自分とは限らない
実際にこんな事がありましたので、読んだ後に少し考えてみて下さい。

ある日、メールボックスに知らないアドレスからメールが届いていました。
タイトルを見ると「メアド変えました!」の文字が。

差出人は久しぶりに連絡してきた友達でした。
メールを開くと、「アドレスを変えたので変更お願いします!M,Kより(仮名)」と書かれていました。


よくある事ですよね。


問題はここからです。
▼メールを開くとこのような表記があると思います。
──────────────────────────
form:○○○@yahoo.co.jp ← M,Kの新しいアドレス
Cc:自分、だいちゃん、タカ、ゆうすけ、のぞみ、森
(全員仮名、名前をクリックするとアドレスを表示する)
──────────────────────────


分かりましたか?



一斉送信なんですよ!

つ ま り、私は直接友達でもない「のぞみ」や「森」のアドレスまで見れてしまうという事が問題なのです。
逆を言えば、この時点で自分のアドレスが他の全員に知れ渡った事になります。
「なんだ、大した事ないじゃん」と思った方、それは大きな間違いです。
他人の個人情報こそ慎重に扱う事が、ネット上のマナーです。

罪の意識のないまま、他人に迷惑を掛けていたり、気付いた時には被害者になっていたりする事が多いネット社会では最低限の知識は身に付ける必要があります。
この場合は【Cc】ではなく【Bcc】で送るべきです。

フリーメールのメリット
長くなってしまいましたが、ここまで読んで頂いた方なら、分かると思います。何故フリーメールが必要なのか?そのまとめ。

■迷惑メールが増えた時に対処出来る
最近では高機能なスパムフィルターを使えるサービスが主流なので、あまり気にする事は無いかもしれませんが、最悪の場合、メールアドレスを変えたり、古いアドレスを捨てて新しいアカウントを取る事も出来ます。
主に、友達に教えるもの(人間とのやり取り)と、『mixy』や『ブログ』などの会員登録用に使うものと二種類用意しておくと良いでしょう。

■インターネットがあれば何処からでも見れる
フリーメールは『ウェブメール』とも言い、メールが保存されているのは外部のサーバーです。アカウントを作るという行為は、あなた専用の部屋を借りるという事です。その時に発行されたIDとPASSが鍵になります。

部屋の場所は変わらずに、そこに毎日手紙が届くのを想像してみて下さい。
あなたは職場からでも、漫画喫茶からでも、携帯電話からでも、いつでも鍵を使って部屋の中に入り、自由に手紙を読む事が出来るでしょう。

■誰に教えても安心
ネット上に一度出回ってしまった情報は、何処に漏れるか分からないと言われています。
基本的にフリーメールは、匿名で誰でも作れるので非常に安全です。



個人的にお薦めなのは、Yahoo!Japan提供の『Yahoo!メール』です。日本人が最も使いやすいように良く考えられて設計されていると思います。

ウェブメールに少し慣れてきた人には、Google提供の『Gmail』をお薦めしています。

ではこの辺で。
■コメント
コメント投稿
URL:
コメント:
PASS:
秘密: 管理人のみに公開
 

プロフィール

管理人:LOSTMAN
東京でWebディレクターをやっています。独学で楽しみながら興味のあることを投稿していきます。

タグキーワード

関連サイト

HTML講座
CSS講座
SEO講座
無料素材・画像
HOME
[ FC2 ID ]