digilog.blog

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する

digilog.から引越しのお知らせです

2016/06/24(金)
digilog.からのお知らせです

ウェブランサー
http://weblan3.com/


このブログに掲載されている記事へのコメント、メールは引き続き受け付けていますのでお気軽に問い合わせてください。
今後ともよろしくお願いします。

スポンサーサイト
ブックマークに追加する

電子書籍と出版業界の未来

2010/04/14(水)
Digital Books
ここ最近iPadやkindleの話題が絶えないので、電子書籍や出版業界についてちょっと考えてみた。

本や雑誌の売り上げ低迷と共に、本は音楽業界のCDと同じような運命を辿るだろうといった話を耳にする。確かに、電子化の波は確実にやってくるし、音楽業界同様、出版社や権利ホルダーが利益を吸い上げる構造は崩れるだろう。

純粋な著作権者、というよりは音楽や文字を通して表現をする全ての個人が、発表の場を自由に選択できる時代になったことは嬉しい限りだ。更に、TwitterやYouTube、SNSやブログを通して「表現」を世界に流通させることができる。物理的な媒体では不可能だったことが誰にでも実現できるインターネットの仮想空間では、今までのビジネスモデルは通用しない。

しかし、ここで本が無くなるのか、というとそうではないと思う。
↓記事の続きを読む
ブックマークに追加する

自由市場とモバイルインターネットの時代

2010/04/01(木)
志
興味のある人は見ておいた方がいいまとめエントリー。
孫正義、【志】を語る。「孫正義 LIVE 2011」

動画の公開期限は1週間(見れなかった人残念!)
↓記事の続きを読む
ブックマークに追加する

テレビのない生活を始めます。

2010/03/15(月)
テレビ見てますか?
ついに実行してしまった

最近びっくりするくらいテレビを見なくなったので、「もうテレビ必要ないんじゃないかな」と本気で思っていた。なぜなら自分の生活の中で、行動するには優先順位があって、どうやってもテレビが1位になることはないからだ。

1位にならないということは、「よし、テレビでも見るかー」という状況にならない。であれば、そこにあるテレビの明かりが点ることはない。にも関わらず、部屋の一番いいポジションでデカイ顔をして鎮座しているそこのキミ。俺はお前のために家賃を払ってるんじゃない!と言いたくなる。

どんだけでかいテレビ置いてるんだよと思うかもしれない。我が部屋のテレビは14型… だった。

さて、そんな小さなテレビでも、置いておくには大きなスペースが必要だ。テレビには沢山の仲間達がいて、連合を組んでいる。しかも彼らを置いておく台がまたかさばるのだ。しかし、一家の主であるテレビがこの家を去るとなれば、仲間達も用無しとなってしまう。この際だからと一緒に出て行ってもらうことにした。
↓記事の続きを読む
ブックマークに追加する

SimpleViewerの設置方法とカスタマイズ(iPhone、Android対応FLASHギャラリー)

2010/03/08(月)
Simple Viewer
このエントリーでは、誰でも簡単にフォトギャラリーを設置できるオープンソース、「SimpleViewer(シンプルビューアー)」の解説を行っています。

SimpleViewerを使うと、自分のWebサイトに写真や画像を一覧表示させるギャラリーを簡単に設置することがでます。また、見た目や表示方法をカスタマイズできる豊富なオプションが用意されており、配布元は英語ですが、画像の説明文に日本語やHTMLタグを使うこともできます。更にiPhoneなどのスマートフォンに対応しているのでタッチスクリーンでも快適に操作できます。

おかげさまで沢山の方からお問い合わせを頂いておりますが、SimpleViewer自体が度々アップデートを行っているので、どうしても古いバージョンの説明では不十分な箇所が発生してしまいます。あらかじめご了承下さい。

分からない部分があって、なるべく早く返事が欲しい方は直接メールフォームよりお問い合わせ下さい。
最終確認履歴:Version 2.3.1
↓記事の続きを読む
ブックマークに追加する

いったいTwitterが「何なのか」やっと分かった!!

2010/01/08(金)
つぶやいたらどうなる?
今、ウェブサービスで一番関心を寄せられているのがTwitterです。毎日Twitterに関するニュースやブログの新着記事を見かけます。流行っているのは良いことですし、ウェブサービスは、それぞれ自分なりの楽しみ方で自由に利用すれば良いと思っています。その反面、「なぜこんなにTwitterが流行るんだろうか?」と、どこか腑に落ちないモヤモヤする気持ちも芽生えていました。

結局Twitterって何なの?という疑問

恐らくTwitterというサービスを利用しているユーザーは、「楽しいから使っている。」「皆使っているから(盛り上がっているから)使っている。」という人が多いのではないでしょうか。しかし、使えば使うほど、Twitterの「使い方」が分からなくなっていくような感覚がありました。つぶやけばつぶやくほど、Twitterとは何なのか、分からなくなっていきました。

Twitterを道具として利用する上での、手段や方法を解説する情報は沢山あっても、何がどう凄くて、だから流行っているんだよと言った、Twitterの本質を語っている情報は多くありませんでした。結局、サービスの概念を知らないままに、方法だけを知って利用したとしても、本当の意味で楽しむことはできません。

そのために、ウェブサービスにあまり詳しくない人や、新しいサービスの登場にあまり興味のない人にとっては、Twitterが“よく分からないもの”になってしまったのではないかと思うのです。

もっとTwitterを楽しく使うために

私はTwitterを使い始めた頃、情報の流通を眺めるため、そして思考のメモ代わりに利用していました。しかし、これはあくまで手段や方法の部分であって、概念ではありません。最終的にどうやって使うかは個人の自由ですが、まずサービスの原理や概念を知ることによって、より面白く、有効に使うことができるのではないかと考えます。

今更ながら、ようやくTwitterに「納得」できました。その感想は「凄い!」の一言。今回、私なりに気付いたことをまとめてみました。

詳細は以下。
↓記事の続きを読む
ブックマークに追加する

2010年からは手帳を捨ててノートにするよ!

2009/12/23(水)
満足のいく手帳あった?
手帳って、いったい何のために使っているのでしょうか。
スケジュール管理?会議用の備忘録?アイデアメモ?日記?

毎年悩む来年の手帳
毎年、この時期になると来年の手帳はどうしようかと悩むものです。まず、機能に悩みます。色々なお店に行って見て回るのですが、なかなか「コレだ!」というものが見つかりません。大体、一つ気に入った機能が見つかると、気に入らない箇所も出てくるのが手帳です。

次に悩むのが、大きさです。文庫本サイズは持ち運びが楽ですが、書くことが沢山ある日は、スペースが足りなくなってしまいます。かと言って大きすぎると、書くことがない時にとことん無駄になってしまいます。毎日持ち歩くのに邪魔にならない程度の大きさである必要もあります。

去年は、試行錯誤した結果、ほぼ日手帳の文庫本サイズを購入しました(結局無難なところに落ち着いた)。一年間使ってみた結果「これではだめだ」という結論。「ほぼ日手帳」が駄目だったわけでありません。私が達した結論は“手帳ではだめだ”ということでした。

もう手帳ではだめだと思った理由
  • 書いても書かなくても、書くべき領域が日付によって強制される。沢山書く日は余白が足りなくなり、何も書かない日は空白で終わる。
  • スケジュール管理は、もはや携帯の方が速い。アナログでは管理、修正が手間。
  • 手帳に書き込むことが作業的になっていくので、楽しくない。結局、ほとんど見直すこともなく、書きっぱなしで終了する。

上記の理由から、今年は手帳を買うのを止めようと思いました。

数多くの手帳術の書籍が出版され、毎年良く売れていますし、手帳を使って効率よく仕事をしている人も沢山います。手帳を上手く使いこなしている人を羨ましく思いますし、続けられるということは、本人は楽しんで使っているのかなと思えます。

じゃあ、自分はどうしたらいいのか。しばらくの間、ネットで検索したり、駅ビルをうろついたりして考えました。そして考えた結果、たどり着いたのが「ノート」だったのです。
↓記事の続きを読む
ブックマークに追加する

プロフィール

管理人:LOSTMAN
東京でWebディレクターをやっています。独学で楽しみながら興味のあることを投稿していきます。

タグキーワード

関連サイト

HTML講座
CSS講座
SEO講座
無料素材・画像
HOME前のページ
テンプレート : LOSTMAN [ 管理者ページFC2 ID ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。